費用を調べていざ病院へ

薄毛

最近になって、頻繁に耳にする用になったのがAGAです。AGAとは(Andorogenetic Alopecia)の事を指します。意味は、男性型脱毛症です。男性ホルモンの過剰分泌が原因で引き起こされる症状です。症状も人によって様々です。ある人は、頭部のつむじ部分から薄くなり始めたりします。また、頭頂部から薄くなり始めて、バーコード上に見える症状もあり、人によって様々な特徴が現れます。ほとんどが病と見られずに、年を重ねれば多くの人がハゲると信じられてきました。近年では、AGAは医療で治療できるということで、AGA専門の医院が設立され始めてきました。テレビCMで放送された事がキッカケで医療機関で治療できるというのが広く知れ渡った要因になっています。

AGAは、医療機関で直せるということは、手持ちの健康保険も適応されると思っている人も数多くいます。残念ながら、AGAは健康保険が適応されない治療のひとつとされています。何故なら、AGAの治療は、美容整形と同じ部類に分けられているからです。健康保険は、最低限の治療で病気を治すのを条件としています。風邪や骨折のように、身体的にダメージを負ってしまって、日常生活や企業活動に支障をきたすような病気や怪我の場合は健康保険が適応されるものです。基本的に生命に関わるような病状でない限り健康保険は使えないのです。AGAの治療を受ける時は、専門としている医院毎に、かかる費用を確認していく必要があります。